CLOSE
CONTACT

法律事務所LAB-01

CONTACT

BLOG

ブログ
トップ / お知らせ / 望月健太が参加するプラットフォームにおけるデータ取扱いルールの実装に関するサブワーキンググループが「プラットフォームにおけるデータ取扱いルールの実装ガイダンス ver1.0」を公表しました

望月健太が参加するプラットフォームにおけるデータ取扱いルールの実装に関するサブワーキンググループが「プラットフォームにおけるデータ取扱いルールの実装ガイダンス ver1.0」を公表しました

2022.03.08

2022年3月8日、弊ラボの望月健太(ニューヨーク州弁護士、上級個人情報保護士/個人情報保護監査人、FIP、CIPM、CIPP/E、CIPP/US)が参加するプラットフォームにおけるデータ取扱いルールの実装に関するサブワーキンググループ(デジタル庁・内閣府知的財産戦略推進事務局)が、「プラットフォームにおけるデータ取扱いルールの実装ガイダンス ver1.0」を公表しました。

 

本ガイダンスは、関係省庁とデジタル庁が協力して構築するプラットフォーム、および分野間データ連携を目指すプラットフォームである「DATA-EX」において、今後備えるべきルールを具体化する際に参照されるべきものとされています。そして、本ガイダンス記載の想定読者が、自ら構築または参加しようとしているプラットフォームについて、①ステークホルダーの懸念・不安(=リスク)を特定し、これを払拭するためのデータ取扱いルールをプラットフォームに実装できるようにすること、また、②環境変化に応じて新たに顕在化するリスクを適切に評価し、ルールを更新できるようにすることを主な狙いとしています。

本ガイダンスは、上記以外の民間のプラットフォームに対し拘束力はありません。他方、本ガイダンスの記載内容は、民間のプラットフォームにおいてデータ取扱いルールを実装する際にも参考になるものとして、民間のプラットフォームにおける積極的な活用が期待されるとしています。

詳細につきましては、こちらをご覧ください。

関連コンテンツ

LAB-01 政府報道発表一覧 [2022年4月号]
北島志保がBusiness & Law に「近時の裁判例からみる著作権法」第2回の記事を寄稿しました
LAB-01 政府報道発表一覧 [2022年3月号]