CLOSE
CONTACT

法律事務所LAB-01

CONTACT

TEAM

チーム紹介
トップ / TEAM
高度な専門性と事業の理解力、所内外に構築したネットワークを基礎に、多様なバックグラウンドをもったプロフェッショナルのチームが、クライアントに並走して様々な事業の推進をサポートします。
齊藤友紀 Tomokazu Saito
弁護士(第二東京弁護士会)。UC Berkeley 大学院(政策)、Purdue大学大学院(経済学)、株式会社メルカリ等を経て、LAB-01を設立。新規事業の開発や、組織体制の構築・整備等の経験を踏まえた、B2Bアライアンス、交渉、契約戦略・スキームの策定、官庁・自治体対応など、新しい事業アイデアの実装やリーガルプランニングを得意としている。

Twitter: @tmczs

大堀健太郎 Kentaro Ohori
弁護士・弁理士(東京弁護士会)。元システムエンジニア。特許系ブティックファームで特許出願業務から知財法務まで従事。現在、小売・流通業、情報通信業、建設業、製造業、医療法人など多様な業種業界で、法務部・知的財産部のほか、お客様相談室や広報室など幅広くサポートする。
植田貴之 Takayuki Ueda
弁護士(第一東京弁護士会)。ブティックファームとスタートアップインハウスをそれぞれ経験した後にLAB-01に参画。IT・スタートアップ関連業務のほか、プロダクト設計、リーガルテック利活用、オペレーション構築、カスタマー対応など幅広くサポート。会社のプロダクトをベースとしたリーガルアドバイスを強みとする。
Twitter:@tky_ueda
大坪くるみ Kurumi Otsubo
弁護士(東京弁護士会)。渉外系法律事務所で金融法務に従事した後、国内最大手SIer、IT系スタートアップにて企業法務全般と組織マネジメント業務に従事。システム開発やソフトウェアライセンスなどのIT法務のほか、契約フローなどの体制面の構築・整備をサポートする。
冨田啓輔 Keisuke Tomida
弁護士(第一東京弁護士会)。労働法系ブティックファーム(第一芙蓉法律事務所)、UC Berkeley 客員研究員を経て、スタートアップを起業。起業経験も踏まえ、経営やビジネス課題に関する起業家の悩みや苦しみ、喜びや理想をLAB-01チームに伝えるとともに、スタートアップと法律事務所の新しい関係の構築、スタートアップへの支援等に従事する。
取扱分野:スタートアップ支援、新規ビジネスモデル構築、労働法、不祥事調査など
望月健太 Kenta Mochizuki
ニューヨーク州弁護士。上級個人情報保護士/個人情報保護監査人、CIPP/E、CIPP/US。George Washington大学ロースクール、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部勤務を経て、国内および外資系IT企業で渉外・公共政策業務に従事。ITビジネスに関するロビイング業務や企業法務、個人情報保護法やEU一般データ保護規則(GDPR)等のデータ保護規制への対応に専門性を有する。
井出理恵(*中央官庁へ出向中) Rie Ide
弁護士(第二東京弁護士会)。民事・家事・刑事・行政顧問等、弁護士として様々な分野の業務に従事。その後、国税不服審判所、関東財務局等を経て、FinTech系スタートアップにおいて新規な金融事業・サービスの設計、各種契約対応、企業コンプライアンス体制整備等に従事。資金決済法の官民の実務経験が豊かであり、新しい金融ビジネスの分野を中心に、企業の法務機能をサポートする(現在、中央官庁へ出向中)。
北島志保 Shiho Kitazima
弁護士・弁理士(東京弁護士会)。特許系ブティックファーム、IT・エンタメ系法律事務所を経て、LAB-01に参画。千葉大学法科大学院の実務家教員(特任准教授)として知的財産法を担当。出願から審判、訴訟まで知財係争全般に従事。時代と共に変容するIPの力でビジネスをサポートする。
池田幸雄 Yukio Ikeda
弁護士(東京弁護士会)。元ソフトウェアエンジニア。特許系ブティックファーム、特許庁審判部、民事系法律事務所、農林水産省知的財産専門官を経て、LAB-01に参画。技術・製品開発の豊富な実務経験、行政庁での知財業務経験をベースにした知財・企業法務、産官学連携の支援を得意とする。