CLOSE
CONTACT

法律事務所LAB-01

CONTACT

BLOG

ブログ
トップ / お知らせ / 望月健太が参加する「データに関する権利のあり方整理プロジェクト」がその成果報告書「データに関する権利のあり方」を発刊しました

望月健太が参加する「データに関する権利のあり方整理プロジェクト」がその成果報告書「データに関する権利のあり方」を発刊しました

2023.05.28

2023年4月、弊ラボの望月健太(米国弁護士(ニューヨーク州、ワシントンD.C.)、上級個人情報保護士/個人情報保護監査人、FIP、CIPM、CIPP/E、CIPP/US)が研究委員として参加する、日本経済団体連合会(経団連)・21世紀政策研究所の「データに関する権利のあり方整理プロジェクト(研究主幹 宍戸常寿・東京大学大学院法学政治学研究科教授)」が、その成果報告書「データに関する権利のあり方」を発刊しました。

 

本報告書は、新時代のデータに関する権利のあり方について、法学者、経済学者、法律実務家、企業担当者という様々な切り口から合計9名が考察しています。この中で、望月は第8章を担当し、「米国におけるデータの保護制度~米国統一商事法典(UCC)第12編の新設~」と題する論文を執筆しました。本論文では、米国におけるデータの法的位置づけと関係法令の現状を俯瞰した上で、米国統一商事法典(UCC)第12編に新たに規定された「支配可能な電子記録(CER)」という概念について詳しく紹介し、我が国のデータ関連政策および法制度への示唆について述べています。

 

詳細につきましては、経団連・21世紀政策研究所の関連ページをご覧ください。

関連コンテンツ

LAB-01 政府報道発表一覧 [2023年11月号]
LAB-01 政府報道発表一覧 [2023年10月号]
LAB-01 政府報道発表一覧 [2023年9月号]